広告

ZTEのCEOは、自分のスマートフォンがディスプレイの下に自分撮りカメラを搭載する最初の人になることを明らかにしました

昨日のXiaomiイベントが大騒ぎになった後、ディスプレイの下に自分撮りカメラを搭載したMi 10 Ultraを待っていたすべての人たちの口に少し苦い味がしました。会社をトップに戻すソリューションです。第一世代のMi Mixの発売時に当時起こったような技術革新。

そのため、レイジュンの会社は、スマートフォンが欧米人の心に届かなかったとしても、イノベーションの分野で多くの経験を持っているライバルZTEによって時間通りに打ち負かされる可能性があります。ヨーロッパの大陸。 いずれにせよ、ZTEは自社のデバイスにディスプレイ下の自撮りカメラを装備し、Weiboへの投稿を通じて同社のCEOであることを確認する最初の企業になる可能性があります。

ZTEのCEOは、自分のスマートフォンがディスプレイの下に自分撮りカメラを搭載する最初の人になることを明らかにしました

広告
ZTE

ヌビアの管理にも携わったZTEのCEOであるNi Feiは、事件のソーシャルネットワークに関する素晴らしいニュースを発表し、自撮りカメラを搭載した最初のデバイスをディスプレイに販売するのは彼の会社であることを確認しました。どのモデルが発表されるか。 噂はこのジレンマについて考えており、この新技術を開拓するのはZTE Axon 20 5Gであることを示しています。

また、ZTE Axon 20 5Gはすでに中国で技術名A2021で認定されていることを考えると、真実を知るのに時間がかかることはありません。 ZTEが実際にXiaomiに時間通りに勝てるかどうかを待つ必要があります。

[ソース]

広告
TechTodayも➡️にあります グーグルニュース ⭐️スターレットをアクティブにしてフォローしてください!
購読します
知らせます
ゲスト
0 注釈
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
TechToday