広告

VivoがOPPO Find X-styleスマートフォンの特許を登録

Oppo Find Xは、2018年で最も革新的なスマートフォンであると多くの人に考えられており、すべてのカメラをデバイスの本体から隠して、これまでにないクリーンなデザインを提供する格納式モジュールを提供しています。 それ以来、スマートフォンのさまざまなOEMがフルスクリーンディスプレイのテーマについて発言し、ポップアップカメラやデュアルディスプレイなどを提案していますが、革新という観点から見れば、どの革命を知っているかはわかりません。

どうやら、OPPOとOnePlusで構成される中国のコングロマリットBBKエレクトロニクスの一部であるVivoは、OPPOが最初の世代のFind Xで提案したものを継承しているように見える特許を登録したばかりです。

VivoがOPPO Find X-styleスマートフォンの特許を登録

画像は、画面にフロントカメラがなく、背面にクワッドカメラがあるスマートフォンを示しています。 格納式モジュールがアクティブになると、前面カメラに加えて3D顔認識センサーを簡単にホストできる前面領域の大きなスペースに気づくことができ、背面領域ではポップアップLEDフラッシュに気づくことができます。

広告

現在のところ、スマートフォンにはこれ以上の詳細や情報はありません。特許であることを思い出してください。 しかし、質問は、Vivoが2018年にOPPOによって提案された設計に本当に戻りたいかどうかということです。日常生活における機能の悪さのためにアイデアは放棄されたと考えています。

[ソース]

広告
TechTodayも➡️にあります グーグルニュース ⭐️スターレットをアクティブにしてフォローしてください!
購読します
知らせます
ゲスト
0 注釈
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
TechToday