Vivo V2019Aが5G接続でTENAAに対応

前月に、モデル名がV2012A、V2019A、W2052 / W2056、およびV2011AのいくつかのVivoデバイスが中国の3C機関によって認定されました。 このうち、モデル名がV2011AとV2012Aのデバイスは、それぞれVivo X50 Pro +およびiQOO Z1x 5Gとしてすでにデビューしています。 W2052とW2056はVivo Watchと呼ばれる次のスマートウォッチです。

Vivo V2019Aが5G接続でTENAAに対応

私はV2019Aに住んでいます

まあ、中国のリークスターは今日、Vivo V2019Aはエントリーレベルの5Gスマートフォンになると述べました。 iQOO V2019Aと呼ばれるデバイスは、確かに中国の通信規制機関であるTENAAのデータベースに登場しています。

証明書によると、iQOO V2019Aのサイズは162,07 x 76,61 mmで、厚さは8,46 mmです。 公称バッテリー容量は6,53 mAh(実際の容量は約4420 mAhである必要があります)である一方で、4500インチのディスプレイを備えています。

さらに、常にTENAAから、それが5 Wの電力で急速充電できる充電器を備えた18Gスマートフォンであることがわかりました。これまでに発売されたiQOOスマートフォンは、33W、44W、55Wの急速充電で到着します。 など iQOO Z1x 5G 数日前に発表され、33 W急速充電器が装備されています。

いずれにせよ、残念ながらTENAAにはデバイスの画像がないため、さらなるリークや公式のプレゼンテーションを待って詳細を調べる必要があります。

0 0 投票
記事の評価
サブスクリプション
知らせます
ゲスト
0 注釈
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る